2019年11月24日

新情報 来年度予算で都・授業料助成がどうなるか?

来年度予算で都・授業料助成がどうなるかの情勢です。
1.公明党情報
 和光が世田谷選出の栗林都議と懇談をもってくれました。そこで得た情報によると、公明党は授業料助成の年収制限を910万円まで緩和せよ、との要求を東京都に伝えているそうです。
2.中高協会情報
 今日、電話で事務局長に間庭氏と話をしました。それによると
 @中高協会として知事には会って、要望をつたえた。ただ、それは「ピンポイント」の話ではなく、経常費助成拡充や授業料助成の拡充といった総論的な内容だ。
 A公明党は以前から年収910万まで助成せよ、という要求で、それは下ろしていない。今回も公明党はその要求を出している。
 Bだからそういった流れですすんでいるということだ。
のようです。
1と2を総合的に考えると年収910万円まで授業料助成制度がのびる、この方向で動い
ていることはまちがいなさそうですね。
posted by 東京父母懇ブログ at 15:33| 日記