2019年12月12日

東京都で就学支援金に大きな前進が!

 朝日新聞12月11日夕刊によれば、東京都は来年度予算で、私立高校平均額(今年度は45万6千円)までの授業料補助対象を、年収760万円未満から910万円未満に拡大する方針を固めました。これが実施されると、私学高校生の1/2が対象になります。これまでは1/3でしたから大きな改善になります。
 これは、私たちの運動の大きな成果といえます。
 一方、910万円以上の家庭では、補助はゼロ円ですからこの段差の解消、例えば910万円前後で若干の傾斜を着けるとか、の工夫が欲しい気もします。また、東京では入学金平均で約25万円ほど、授業料以外の学費が平均で22万円ほどかかることへの補助も課題です。生活保護家庭にとっては、入学時47万円の準備は大きな壁となっています。
 以下は朝日新聞のコピーです.

授業料補助記事_000025.jpg
posted by 東京父母懇ブログ at 20:13| Comment(0) | 資料
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: